中古車の掘り出しものについて!!BLOG

株式会社木下モータースです!

 

お世話になります!!
コロナが一日でも早く終息することを祈ります。

 

タイトル通り中古車の掘り出しものについてです!
中古車ジャーナリストの方に取材し書かれた面白い記事を見つけましたので、
そちらの内容を引用しつつ私個人の考えも含めて記載します!
このブログを見て何か得たこと、参考になればと思います!
私たちもお客様に「掘り出し物ないの?」って聞かれる時がありますが、
その記事にあったものと私個人の意見も同じでした!
答えは『ほぼない』です!!
絶対とは言い切れないところが微妙な答えになっているのですが。。。

 

でわ「掘り出しのもの」の定義とは何でしょうか?
私が思うお客様の掘り出し物とは「状態の良い・走行距離が浅い又はその両方で平均的な価格より安い車」だと思っております。
なぜ「ほぼないか」というと、平均的な価格で売れる優良車両を大幅に値段を下げる理由がないからだと書かれております。
私も実際そう思います。
それで例えば平均100万円の車があって、50万円で売りに出されているとそれなりの理由が考えられます。

例 )
〇すごく状態が良くないから。
(錆がきつい、経年劣化がひどい、室内の匂いや汚れなど)
〇故障気味又は故障してもおかしくない状態。
〇直せないくらい改造している
〇修復歴、冠水歴、雹害歴などがある。
これらが明らかだともちろんお車の評価というのは下がり価格も安くなります。
上記の理由だと大幅安はあり得るし、逆にそうでないと安くする理由がないからです。

 

不人気色や不人気車は安いのではないかと言われることがありますが
不人気車はもちろん人気車に比べて平均価格も安いので、
掘り出しのもの感・割安感はあっても「掘り出しもの」ではないです。
一般的に人気色は、白や黒などで不人気が銀色や原色系の色と言われます。
色は好みがあるので、あくまで一般的にです。
大幅安というほどではないですが、【5~10万円】ほどなら安い可能性がある為、
こちらの割安はあり得るかと思います。
もし割安が良いなという方は原色系や金銀色を狙ってみてはいかがですか。

 

ちなみに記事にもありましたが、高いものは必ず良いのかと言われればそれは全く違います。
特に内容は変わらないが、なぜか平均よりも高い車というのはお見掛けします。
記事にありました元プロ野球監督野村さんの言葉をお借りすると
「勝ち不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」
不思議に高い車はあっても不思議に安い車はないと思います。

 

そして企業努力で相場より安いというのはあると思います。
例えば、
【自社工場がある】
【大量仕入れ】
【多売のため部品コストが安い】
【板金工場がある】
【自社買取が強化されている】
など

これら小さな積み重ねで相場よりも車両が安くなっているという事はあります。
当店の企業努力も上記の積み重ねです!!
後、木下モータースでは現在100台の在庫があり紀南最大級です!!
それらを【見て】【乗って】【感じて】購入頂けます!!
ぜひともご来店ください!!

随時ホームページにもアップしていきます!!