11月 | 2019 | 田辺・みなべで安い中古車買うなら軽自動車39.8万円専門店の木下モータース

軽39.8万円専門店-㈱木下モータースー軽39.8万円専門店-㈱木下モータースー

お電話でのお問い合わせはこちら0739-26-0398

軽自動車について( *´艸`)

お世話になります。
㈱木下モータース 木下です!

 

 

 

新店舗オープンも残り一ヶ月ほどになり、
改めて木下モータースが数あるサービスの中で主として
お客様に提供し地域貢献しているものは何か。
それは『 軽自動車 』です!!
厳選したお車をより良い価格で
自社工場メンテナンス付きのより良いサービスを
出来るだけ多くの方に届けたい。
そして生活の必需品である車への負担も軽減する。
そういった考えで日々邁進しております。

 

 

そこで軽自動車について調べました。
多くの方の軽自動車のイメージは
黄色ナンバーで税金安くて小型。
と思います。
そこを細かく・歴史と共に見ていきましょう。

まずはサイズと規格です。
軽自動車には大きさと排気量に上限がが決められています。
おそらく普通車としっかり区別するためでしょうか。
ちなみ外国には軽自動車という分け方はなく、日本独自のものです。

 

 

全長 3,400 mm (3.40 m) 以下
全幅 1,480 mm (1.48 m) 以下
全高 2,000 mm (2.00 m) 以下
排気量660 cc以下
定員 4名以下
貨物積載量 350 kg以下

 

 

どれか一つを超えても軽自動車ではなくなります。
そのため
外国のお車の「smart」も排気量は小さいのですが、幅が超えているため軽自動車の扱いではなくなります。

 

 

 

戦後、車がまだそんなに普及していない1949年頃に
「みんなで車に乗ろう!!」
「車は国民車・大衆のものだ」
「そうだ!軽自動車を作ろう!」
となったのですが
サイズや規制が厳しく簡単には作れず、
数度の改正があり
やっと1955年に現スズキが「スズライト」という軽自動車を作りました。
しかし、価格40万円でその当時の収入が数万ということもあり、なかなか手が出なかったそうです。
その後、「スバル360」がでて、この頃から軽自動車が普及していったようですね。
ちなみにこの当時は軽自動車免許というのがありました。
そして、軽自動車に優遇があって
車検しなくていいよー。
税金払わなくていいよー。
でした。笑

 

免許は軽自動車用から限定免許というものになり今の形式に。
優遇も車検の義務化・税金の課税になりました。
この当時の優遇が残っていたら、町中が軽自動車で溢れますね。笑

 

 

 

サイズや規制改正の歴史
1976年
全長 3,200 mm (3.20 m) 以下
全幅 1,400 mm (1.40 m) 以下
全高 2,000 mm (2.00 m) 以下
排気量 550 cc以下

 

 

 

1990年
全長 3,300 mm (3.30 m) 以下
全幅 1,400 mm (1.40 m) 以下
全高 2,000 mm (2.00 m) 以下
排気量 660 cc以下
ずっとオプション装備だったエアコンやオーディオが標準化

 

 

1998年
現在の規格になります。
エアバッグ・衝突安全ボディ採用

 

 

 

それから色々と歴史の中で細かく
〇排気量 360cc⇒550cc⇒660cc
〇自社生産を止めてOEM化
〇希望ナンバー制度
〇字光式ナンバー制度
〇国内メーカー全てが軽自動車取り扱い
〇高速道路の走行速度 80Km/h→100km/h
⇑ 私はこれがビックリしました。

 

 

最近では
〇衝突安全ブレーキ搭載
〇白ナンバー制度
〇2015年3月31日以降自動車税10800円
など

 

 

今が基本的な考えになっているため、歴史で様々な変更や当時の事を想うと楽しいです。
またこれから先にこういった変更や見直しがあるんでしょうね。

 

 

プチ情報ではありますが、和歌山県の軽自動車保有シェア率は
全国第4位(53.5%)となっております。
※今は違うかも。
和歌山で軽自動車の保有が人口約95万人に対して約38万台です!
それくらい和歌山県民の生活を軽自動車が支えているということですね。

 

 

昔は普通車が圧倒的でしたが近年は他の地域でも軽自動車の保有率が逆転傾向にあります。
特に西日本。
これには車の性能のアップによる考え方の変更などが起因すると思います。
安全性能や居住空間・走行性・快適性・操作性・荷室サイズなども格段に良くなっています。
軽自動車を求めて、性能がアップして、また求めて、また良くなっての繰り返しですね。
次はどんな性能・義務化などができるのでしょうか。
自動運転も軽自動車でできるかもしれないですね(*^^*)
そして
私たちはその軽自動車を地域に密着し、たくさんの方々にお届けできるように致します。
また新店舗もよろしくお願いします( *´艸`)

 

 

 

【 スズライト 】
Suzuki_Suzulight_01


TOP