ジムニー入庫のお知らせ!BLOG

ジムニーが入庫しました!!

と言いましても新型のほうではなくて、中古車のほうです。
新型は20年ぶりにフルモデルチェンジしたという事もあって
注文から一年後納車が今でも変わっておりません。
むしろそのサイクルから抜け出せておらず
今回のコロナウィルスで納車までの期間がより一層延びている状況です。
中古車市場で未使用車が早く入手できることから、新車以上に値のつく車もあります。
そんな中かというより以前からもですが、
中古車のジムニーも個性的な形と独創性から大変根強く人気があります。
初期ごろの戦場に行くようなカクカクしたTHEジムニーで走行距離が多くて
年数劣化やキズなどがあっても結構は金額で販売されています。
最初販売された形はカクカクしたもので、その後少し丸くなって、
今回の新型もまたカクカク四角になりました。
どの形も人気はありますが、今回の新型は大変評価されているようです、
もともと四角ボディは硬派に評価されていて、オフロード走行を重視した
ヘビーデューティSUVであること伝統的に磨き上げられた機能が魅力のようです。

 

何かのコラムで見たのですが、
日本の方は長い間木造住宅で暮らしていて
欧米の方よりも水平や垂直なデザインに親しみを持つ人が多い事から受け入れられやすいという
文化的は背景があるのではと書いておりました。深い。
丸みを帯びた3代目ジムニーも時代背景の中にそうなった理由があり、
ちょうどその頃、ハリアーなどの街乗りSUVが人気を博しており、それに合わせたようですね。
そして、たくさんの街乗りSUVのハスラーなどが生まれ、それから逆行するように
四角い形に戻った今回のジムニーは新鮮に見えますよね。
そして、エクステリアやインテリアデザイン、2WD・4WDの切り替え部分など
初代や二代目、三代目の良いところどりをした今回!まさに考えに考え抜かれたもののようです。

 

【四角い車のルーツ】

昔の話になりますが、なぜ四角の車が誕生したか。
第二次世界大戦までさかのぼり、軍事用の車でジープなどは
生産性がよく、組み立てや止めるの楽。という軍事的理由だそうです。
後、視覚的にも四角(笑)は運転しやすいとのことです。

 

前述が長くなりすぎましたが、こちらが今回の木下モータースのジムニーです!!
詳細はクリックしてください。