車の豆知識⑥【燃費】BLOG

最近は燃費のことを積極的に聞かれることは少なくなりましたが、
一時は低燃費ブームだったのかよく燃費について聞かれいました。
よくカタログの表記されている数字と実際の燃費が違うことがよくあり、
よくありというよりは確実に違っています。笑
確実にカタログより燃費が悪い。
6-8割程度にはなるのではないでしょうか。
これは使用環境によっても大きく変わってきますし、
おクルマの使用年数が長くなるとこれよりも悪くなっていきます。

 

燃費の計測も

「10モード」
→東京の甲州街道での市街地を走行

「10・15モード」
→首都高や都市高速を走行

「JC08」
→測定時間を倍、平均車速を高める、加速時間の短縮、冷間始動
など実情に近い形の燃費

「WTLP」
→国際基準で市街地、郊外、高速道路を測定

と変わっていっております。
実情に近くなるようになってるわけですね。

 

 

それでも、カタログ燃費と実際は乖離があるわけで
嘘ついてるのか?と思いがちですが
それは一応きちんとでているデータです。

 

 

乖離する理由は様々あり、
新車である事(部品なども新品)
走行条件がよい事(天候や道路状況)
プロのドライバーが運転している事(アクセルの踏み加減なども違うため)
電装関係を使用していない事(発電機などに負担がかからない)
などがあげられ、これにより乖離するわけです。

 

 

燃費が良くなる方法としては
一般道は40-50km/h、高速道路は80km/hが良いとされていて
国内向けに生産されている国産車はエンジンのトルクや変則比、ATの変速タイミングをその速度に合わせていることが多いからです。
ちなみに低燃費とは「低燃費消費率」の略です。

 

 

さらに余談ですが低燃費の一位は
ハイブリッド
プリウス 40.8km/L
ガソリン
アルト 37.0km/L
ディーゼル
VW・XL1 111.0km/L
になっております!!

 

 

☆過去の豆知識☆
車の豆知識①【ハザードランプ】
車の豆知識②【冬場の車の取り扱い】
車の豆知識③【ナンバープレート】
車の豆知識④【メーカーやロゴマーク】
車の豆知識⑤【修復歴】

 

 

〇感染症対策のお知らせ

当店では全店舗お客様が安心してご来店頂けるように
【感染症コロナウィルス】の対策を行っております。

〇接客時スタッフのマスクの着用
〇定期的な店内の換気
〇入口にアルコールとマスクの設置
〇人が触れる箇所のアルコール消毒
〇ご予約時にお願いによる密の回避
〇納車する車の除菌・消臭

などをしっかり行っております。
安心してご来店くださいませ。

 

 

【キレイな車】【うれしい条件】【なっとく価格】!総在庫150台!!

【 軽39.8万円専門店 】在庫ページ

 

 

クルマ売り買いおトク!!高価クルマ買取店

【クルマ買取カーセブン】無料査定ページ

 

【 普通車 】在庫ページ

 

 

全国500店舗以上の車検最大チェーン

【車検のコバック】ページ

 

 

 

月々1万円 新車リース

【新車リース フラット7】ページ