車の豆知識⑩【ガソリンについて】BLOG

以前お客様にハイオクの車にガソリン入れると動かなくなるの?
と聞かれた事があったので、改めて簡単に説明いたします。

まず「レギュラー」「ハイオク」の違いわかる方はいますか?
めちゃくちゃ簡単に説明すると発火しやすいかどうかです。

※エンジンはガソリンと空気を取り込み、その内部で圧縮させてプラグという部品で発火させて動いています。

ハイオクは発火しにくいため、高圧縮が可能になり力強いパワーを生み出せるのです。
発火のしにくさを数字化したオクタン価と呼ばれるものがあり、
国によっても少し違うのですが、
レギュラーは89以上
ハイオクは96以上となっており、「オクタン価が高い」つまり『 ”ハイ”オク 』と呼ばれているわけです。

でわ最初の質問に戻りましょう。
ガソリンの種類で発火のしやすさに違いがあり、車にも圧縮比というものが設定されていて
その車に合ったガソリンでないときちんと発火が出来ないのです。
しかし、ガソリン車にハイオクを入れても動きます。
なんなら少し燃費も良くなるというのも聞いた事があります。
悪くなったというのも聞くので事実はわからないです。同じ条件だったかもわからないので。。。
ハイオク車にガソリンは絶対にダメです。昔の車は動かなくなります。
しかし、最近の車はオクタン価の低いものが給油されると点火のタイミングを自動で変えてくれる機能が搭載されています。
今の車だと動きますが圧縮は弱くなってしまうためガソリンのパワーを使いきれず、
パワーダウンと燃費悪化に繋がります。
その点も踏まえてお車に合った燃料と入れましょう。

 

☆過去の豆知識☆
車の豆知識①【ハザードランプ】
車の豆知識②【冬場の車の取り扱い】
車の豆知識③【ナンバープレート】
車の豆知識④【メーカーやロゴマーク】
車の豆知識⑤【修復歴】
車の豆知識⑥【燃費】
車の豆知識⑦【雨の運転】
車の豆知識⑧【ターボとスーパーチャージャーの違い】
車の豆知識⑨【シートベルト免除の条件】

 

〇感染症対策のお知らせ

当店では全店舗お客様が安心してご来店頂けるように
【感染症コロナウィルス】の対策を行っております。

〇接客時スタッフのマスクの着用
〇定期的な店内の換気
〇入口にアルコールとマスクの設置
〇人が触れる箇所のアルコール消毒
〇ご予約時にお願いによる密の回避
〇納車する車の除菌・消臭

などをしっかり行っております。
安心してご来店くださいませ。

 

 

【キレイな車】【うれしい条件】【なっとく価格】!総在庫150台!!

【 軽39.8万円専門店 】在庫ページ

 

 

クルマ売り買いおトク!!高価クルマ買取店

【クルマ買取カーセブン】無料査定ページ

 

【 普通車 】在庫ページ

 

 

全国500店舗以上の車検最大チェーン

【車検のコバック】ページ

 

 

 

月々1万円 新車リース

【新車リース フラット7】ページ