車の豆知識⑰【車の都市伝説(ロールス・ロイス)】BLOG

 

今回はロールス・ロイスにまつわる都市伝説についてお話していきます。

 

まずロールス・ロイスについて
イギリス発祥の高級車ブランドです。
世界中のセレブ御用達のブランドで元はレースカーや航空エンジンを手掛けるメーカーでした。
現在はBMWが保有していて製造販売を行っております。
しかし、製造はドイツではなく伝統を大切にしてイギリスの工場で組み立てられています。
そして、
ロールス・ロイスの象徴なのが『スピリット・オブ・エクスタシー』と呼ばれるボンネット先端に翼持ちの精霊のオーナメント!
ロールス・ロイスのTHEシンボルマーク!!ちなみに『フライングレディ』とも呼ばれております。

 

後は簡単に紹介です。
創業者は
技術者のロールズ
レースドライバーのロイス
二人は意気投合し、1906年にロールスロイス誕生
1971年に経営破綻でBMWと提携

 

 

ロールス・ロイスの都市伝説

これは車好きなら聞いたことがあるかもしれません。

 

1.ロールス・ロイスが砂漠で故障
ロールスロイスに乗った富豪が旅路で砂漠を走行中にクルマが故障しました。
そこで備え付けてあった無線機でロールスロイス本社に電話をした所、
ここで諸説あるのですが、
①ヘリコプターで迎えに来た。
②新車をもってきて、故障車を持ちかえった。
その後お礼の電話を入れた際に『ロールスロイスを故障しません』と言った。

そもそもロールスロイスはオーダーが入ってからの生産で、
シートの仕様も自分の思うようにできる上に職人が作業する工程が存在する為、
新車をすぐ納車はないのでないでしょうか。
しかし、こちらではその真偽が大切なわけではなく
ロールス・ロイスのお客様ホスピタリティと自社の車は故障しないという完璧主義が伝わるストーラーだという事です。

 

 

2.ロールス・ロイスのボンネットにコインを立ててエンジン始動しても倒れない
それくらい揺れが少ないという事を表現しているのですが、
これは少しオーバーかなと思っていたのですが、
実際検証している動画があって本当でした。笑
もし時間があれば探して見てください。

 

 

3.ロールス・ロイスの車内で一番大きな音は時計の音
それくらい静かということですが
これはさすがにオーバーすぎると思って、これも調べると検証動画がこちらもありました。
さすがにこれに関しては、それはなかったですね。笑
しかし、検証動画を見て思ったのですが他の車に圧倒的に静かです。
エンジン始動音も音声消されてる?ってくらい静かで車内からほとんど聞こえません。
ロードノイズもなく宙に浮いてる?ここまで静かだとウィンカーの音ですら気になるレベルになります。
時計の音は大げさでしたが、それでもすごく静かなのは本当にそうだと思いました。

 

 

最後にロールスロイスの車につけられている車名は『ゴースト』『ファントム』『レイス』など全て幽霊です。
イギリスでは幽霊は神聖なものとされ、幽霊のように静かで壊れないが由来なのだとか。

 

 

新車を超低金利1.9%で買える!

 

クルマ売り買いおトク!!高価クルマ買取店

【クルマ買取カーセブン】無料査定ページ

 

 

 

【キレイな車】【うれしい条件】【なっとく価格】!総在庫150台!!

 

 

全国500店舗以上の車検最大チェーン

 

 

月々1万円 新車リース

 

100円レンタカー

ソース画像を表示

 

☆過去の豆知識☆
車の豆知識①【ハザードランプ】
車の豆知識②【冬場の車の取り扱い】
車の豆知識③【ナンバープレート】
車の豆知識④【メーカーやロゴマーク】
車の豆知識⑤【修復歴】
車の豆知識⑥【燃費】
車の豆知識⑦【雨の運転】
車の豆知識⑧【ターボとスーパーチャージャーの違い】
車の豆知識⑨【シートベルト免除の条件】
車の豆知識⑩【ガソリン】
車の豆知識⑪【レギュラーとガソリン】
車の豆知識⑫【知って得する車の知識3選】
車の豆知識⑬【3ナンバーと5ナンバーの違い】
車の豆知識⑭【トリビア6選】
車の豆知識⑮【灰皿とシガーライター】
車の豆知識⑯【クルマのしっぽ】

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-7234112580198059"
     crossorigin="anonymous"></script>